in a calm frame of mind

新型のうつ病

若年層に多いうつ病は、新型うつと呼ばれるものです。チェックしてみたいという人は、専門機関を受診しましょう。それによってうつ病と分かった場合は、治療を受ける必要が出てきます。

Read More

症状を知って

うつ病と新型うつの違い

 うつ状態は気持ちが落ち込んだり、憂鬱で塞ぎ込むようになってしまった状態を指しています。しかし、何日かすると元気になり自然と活力が湧くようになります。しかし、これが何ヶ月も落ち込むような状態が続き日常生活に支障をきたしてしまう場合もあり、これをうつ病を呼びます。  最近では新型うつと呼ばれる状態も増えてきています。新型うつの場合は仕事においてはうつになってしまう場合が多いのに、プライベートにおいては遠くへ遊びに行くなどの行動力がある状態を特徴とします。  うつ状態またはうつ病の難点は人から見て見分けがつきにくくなかなかうつだと理解されないことにあります。しかし、新型うつの場合はうつ状態またはうつ病に輪をかけてわかりにくくなるという点で厄介な状態といえます。

現在の取り組みについて

 新型うつは病気かどうかについては議論されている段階です。もともと新型うつとは医学または心理学での言葉ではなく、メディアが創り出した言葉です。なので医学において治療で新型うつという言葉を使い治療することはまずありません。  現在のところ有力な見方としては新型うつはうつ病というより非定型うつ病と呼ばれる部類の状態に近いことが考えられています。  非定型うつ病とは、自分にとっての困難に陥った場合に気分が落ち込んだ状態が続くものの楽しいことが起きた場合においてはうつ状態が消え幸せな気分になることがあります。しかし、またうつの状態へと戻ってしまうことを指します。  新型うつあるいは非定型うつ病のときに気分が落ち込む状態については拒絶過敏性という言葉があります。これは言われたことに過剰に反応してしまい必要以上に傷ついてしまい、中にはPTSDまで発症する可能性もあります。  解消にあたっては、嫌悪原因を解消することが改善の一歩ですが職場の理解を得るにあたっては国内では難しいのが現状です。  新型うつは軽く見られがちですが実際はかなり重い症状であるといえます。なので、医学的な研究と治療による改善が待たれます。

新型うつの典型的な症状

年々増えている傾向にある様々な精神疾患の中でも特に増えている傾向にあるもののひとつに新型うつというものがあります。 それは、今までの様に典型的なうつ状態のみが続くものではなく会社や学校などの自分が憂鬱であると感じる時などにうつ状態が現れ、会社や学校などの憂鬱なものが無い時には通常通りにショッピングなどを行うことが出来るというものになっています。 この様な状態であると周囲からわがままであると言われやすいものの、うつ状態に陥ってしまうと長期間にわたってその様な症状が続くと言うこともあるために、新型うつの場合にはその症状に対しての周囲の理解が特に重要なものになっています。 また、症状は人によっても大きく異なるために観察が必要になることもあります。

効率的な治療方法とは

新型うつの効率的な治療方法とは主に、従来のうつ病と同じように薬物療法が主な方法となっているものの、最近では薬物療法も良い方法であるとされているものの、休息を取ることも同時に重要なことであると言われています。 休息を普段よりも長い期間に渡って取ることによって、心身共にリフレッシュすることが出来る様になっており、新型うつなどの一般的に治療が難しいと言われている病気であっても気軽に治療することが出来る様になっています。 その様なことがあるために、最近ではほとんどの人が新型うつを治療する時には薬物療法と併せて会社や学校などを休みながら、精神的そして、肉体的に休息を長い期間に渡って取るなどということを行っています。

どういう人が発病するのか

最近新型うつがかなり増えているそうだ。 それもそれまで中高年が比較的多かったうつ病が、新型うつに関しては若年層が多いと言われている。 新型うつを発病する人には、一つの特徴がある。 それは打たれ弱いと言うことだ。会社での仕事で、難しいプロジェクトや責任のある部署に回されたりしたとたん、仕事をするのが怖くなったり、電車に乗るだけで気分が悪くなり、出社が出来ないなどの症状がでるのだ。 逆に言うと自分の思い通りの事が出来、壁にぶち当たらない限り、発病する事がほとんどないのが新型うつの特徴と言えるかもしれない。 ただ、それは単にサボり病ではない、本人にとってはとても真剣に悩み、仕事に行きたくても行けないというのが現状なのだ。

共通点

うつ病はインターネットでもチェックが出来るほど、身近な病気になっています。そのうつ病にはいくつか種類がありますが、従来のものと新型のものとでは、症状に共通点があります。

Read More
  
  
  

うつ病の種類や違い

うつ病には様々な種類や症状があり、人によって原因も異なります。うつ病かどうかチェックするために病院に相談してみましょう。若い人でも新型うつという病気になることがあるので注意が必要です。

Read More

改善を図る

新型うつ病やその他のうつ病なのかどうかは、ネットや病院の検査で判明します。万が一うつ病と診断されたら、治療を始めていきます。薬によって、症状緩和や改善を図ることが出来ます。

Read More

なりやすい人

うつ病は、なりやすい人となりにくい人がいます。インターネットでチェックすることも出来るので、真面目で神経質な性格だと感じる人が、まずチェックしてみましょう。現在新型うつも流行しています。

Read More