なりやすい人

若い世代に多い新型うつ

新型うつは、20代〜30代くらいの女性がなりやすいといわれている、定型うつとは症状が異なるうつ病です。 新型うつの主な症状は、嫌なことや苦手なことに対しては無気力になったり、落ち込んだりしますが、好きなことや楽しいことをしているときには、気分がよくなるなど、気分の変動があります。何事に対しても意欲がわかなくなるうつ病に対して、新型うつは元気に見える時があるので、気づきにくく、また周りからもただの怠け者だと思われてしまうことがあるため、発見が遅れ、症状が進むなど悪循環におちいりやすいです。 身体の変化として、過眠になる、過食による体重の増加、身体が鉛のように重く感じることがある、夕方から夜にかけて体調が悪くなるなどがあります。 あてはまる点があったら、早めに受診をし、治療しましょう。

なりやすい性格と治療について

新型うつになりやすいひとの特徴は、プライドが高い、人の顔色をうかがって自分の意見が言えない、人に頼ったり甘えたりすることができない、やさしいなどがあげられます。 対処法も従来のうつ病は休息が必要なのに対し、新型うつは可能なかぎり仕事に行ったり、毎日目標を持って生活することが大切になります。 周りの人も時には叱咤激励をしながら、やさしさの中にも厳しさをもち接することが大事です。 また、病院で治療をうけるにあたり、新型うつなどの精神疾患は自立支援医療制度というものがあります。世帯の収入によって上限が変わってきますが、一定の金額以上は、国が負担してくれます。 うつなどの精神疾患は、風邪などとは違い治療が長期間になることが多いので、このような制度を活用して、患者の負担を減らすことができます。