うつ病の種類や違い

新型うつ病は怠け病ではない

近年、うつ病は社会的にも認知され多くの方に理解されるようになってきました。うつ病を患っている方が生活しやすくなったことは間違いありません。しかし、最近では「新型うつ病」と呼ばれる新たなうつ病が波紋を広げています。 新型うつ病は「非定型うつ病」の疑いが強い場合に用いられる表現です。その症状は、遊んでいるときはいつもと変わらず元気なのに、仕事になるとうつの症状が現れるというのが典型です。このような症状であるため周りからは理解されないことが多いのです。しかし、新型うつ病がただの怠け病でないことは明らかです。怠けている人はもともと怠け気質なのに対し、新型うつ病に悩む方は非常にまじめな性格の方が多いのです。 新型うつ病の症状が見られる場合、怠けていると一方的に決めつけるのはやめましょう。一方的に責め立てても本人はますます落ち込むばかりで、決して症状が改善することはありません。

最も効果的なのは自信を取り戻すこと

従来型のうつ病と比較してその症状が理解されにくい新型うつ病ですが、怠けているだけだからという勘違いから放っておくと大変なことになりかねません。早めに専門医に相談することが大切です。 新型うつ病を治療するには専門の医療機関を受診します。治療方法には心理療法が効果的であるとされています。また、自身ができることとしては、規則正しい生活を心がけたり、達成できる目標を立てて実行することが効果的です。こうすることで、自分に自信を持つことができるのです。周りの方は、本人がこなせる仕事を積極的に任せたり、励ましたりすることが効果的です。 一見するとただ怠けているだけのように見える新型うつ病ですが、本人は非常につらい状況にあることを周りは理解する必要があります。従来のうつ病とは違い本人に自信を取り戻させることで症状は改善しますので、そっとしておくのではなく積極的に関わっていくようにしましょう。

新型うつと普通のうつの違いは

ただ新型うつと普通のうつの大きな違いは、新型うつの場合自分が興味のあることは出来ることだ。 だから趣味のゲームもコンパも旅行さえも問題なく出来る場合が多い。 普通のうつではそんなことは出来ない。とにかく行動が出来ないのだから。 もう一つ、大きな違いは新型うつの場合は、その原因になることがなくなると、すぐに症状が改善されることが多い。 だから会社の上司とうまくいっていなくってうつになった場合など、上司が転勤したとたん症状が改善され出社が出来ると言うこともある。 しかし普通のうつの場合は、そう簡単には直らない、確かに転機になることはあるが、多くの場合は直るまでかなりの時間を必要とするのが現実だ。 そんなことを考えると、新型うつを今までのうつと同じ立場で論じるのには少々無理があるのかもしれない。 それでも新型うつで悩む人も多いのも事実なのだから、これからの研究成果に期待したい。